マンションを査定してもらう場合の流れ

依頼する不動産会社によって売却額に大きな差が出ることもあります

マンションを売却する場合には購入者を探さなければなりませんが、個人が探して売買契約を結ぶわけではありません。
一般的には不動産会社を通して購入してくれる人を探すことになり、まずは不動産会社を探すことから始めます。
どこに依頼しても同じだろうと考える人も多いのですが、実は依頼する不動産会社によって売却額に大きな差が出ることもあります。
損をしないためにも、ノウハウを持ち、親身になって相談に乗ってくれるところを探すことが大切です。
動き出す前にやるべきことがあります。
それは残債の確認です。
売りたいと考えた時には既に残債が無いケースもありますが、中にはかなり残っていて、ローン残額を完済して抵当権を抹消することが難しいこともあります。
しかし、完済して抵当権を抹消するのは必須であり、これをクリアできないと売却の手続きを進めることができません。
残債と売却にかかる諸費用よりも売却額の方が上回っていれば、話はスムーズです。
上回っていない場合でも預貯金で充当できるような額ではないことが多いので、その場合は買い替えローンを利用して新しい住居の自宅に抵当権を設定し直すことを考えなければなりません。
残債についての情報が整理されたら、査定をしてもらいます。
これは相場価格を知り、適正な売却価格を設定するために大事な作業であり、高く設定し過ぎると買い手が見つかりません。

依頼する不動産会社によって売却額に大きな差が出ることもあります : 大まかな流れは、簡易査定を先に行います : 細かいところまで念入りに掃除しましょう

マンション査定 / 浜松市の不動産売買・仲介・情報なら「美建 ...